スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糸島メバリング

 04, 2014 20:30
またまた行って参りました。
そう!糸島です。

博多湾のシーバスが時期的にもツンデレで、セイゴとも呼べない小さいものばかりなので、すっかりマイブームのメバリングに行ってまいりました。

一緒に行ったのは、若造バシイシ氏。
この漢、かなりのお調子者であり、ワタクシが陸っぱりからヤガラを釣り上げた奇跡の釣行の時に一緒にいたという、レア魚ボーイです。

今回は事前に、尺ヘッド漁師パックを買いに行った際、釣具のポイント香椎店の店員さんとあれやこれやとお話して、水がキレイな芥屋漁港に決定!

夜9時すぎにバシイシの家の前に到着。

少し早く着いたかなと思いつつ、バシイシに電話すると。。。



寝てました。

一回り以上年齢が上のワタクシをアシに使いつつ、迎えが来るまで寝てるとはバシイシかなりの貫禄です。

寝ぼけ眼のバシイシを収納して、いざ糸島へ!

なんやかんやと道に迷いつつも、23時ごろ芥屋漁港へ到着!

左右に切れ波止がある小さめ漁港のようで、陸から左側の波止の外側はサーフで、右側の波止の外側は岩礁になっているようで、色んな釣りをする方は1年を通じで楽しめそうな場所です。

それより驚いたのが、ホント海がキレイっす。

普段、ドブのような博多湾を見慣れているワタクシにとって、この透明度は感動的であり脅威です。

とりあえず車から近い左側の波止へ、先客がチラホラいるようなので、邪魔にならないように釣り開始!




っとここで早速、
バシイシ「なんか釣れたんですけど…」

ぼんやりした声が、

見ると、リリースサイズですが10cmくらいのカサゴのような魚が釣れています。

IMG_4101.jpg
カサゴのような、アイナメのような???
近くでメバリングを楽しんでいた方に伺うと、クジメだそうです。

どうやって釣れたかバシイシに聞くと、ライントラブルで格闘している内に、勝手にフッキングしてたそうです。

 
とは言えバシイシいい笑顔です。

このロッド初の釣果らすぃので、オメデトウと言っておきます!





一方ワタクシはというと、中々釣果には恵まれず悶々としていると、



またもやバシイシ「これどうしましょう…」
まともボンヤリした声、

次は何が釣れたん?と見てみると、


ロッド折れてるし!?(@_@)


20091228093319.jpg
ワタクシこんな感じですw

波止の電線に引っ掛けたもようです。
トップガイドの方がポッキリと折れて、操り人形のようにプランプランと。。。

そんなバシイシですが、半べそになりながらもバシイシまだヤル気マンマンです

ちょうど良かった?ので、ここで一旦休憩。
体も冷えてきたので携帯コンロでお湯を沸かし気分転換にカップラーメンを食べます。

折れたロッドは元に戻りませんが、折れかけた心は復活!いざ右側の波止へ!

こちらは波止の外側が大きめのテトラ帯になっており、降りて行かなければ釣りにならないようです。
我々は落ちると危ないんで、湾内の突端辺りで再開です。
上層から流していき、中層~下層辺りを丹念に探りを入れてみると、、、



本命キターーーー!


またバシイシです。

 IMG_4102.jpg

15cmくらいでしょうか、小さいながらもギリギリキープサイズのメバルですよ。
しかも、トップガイドがポッキリ折れたロッドですよ。

あらためて、釣りは道具じゃないなと実感させられました。トホホ。



そんなワタクシにもようやく本命!

IMG_4104.jpg

こちらも15cmくらいのメバルです。




その後、お土産カサゴを釣ろうと際を狙うも、リリースサイズのちびっ子ばかりですが十分楽しませてもらいました。

IMG_4105.jpg 


サイズは出なかったものの、相変わらず糸島エリア魚影は濃いですね。

バシイシはと言うと、最後小1時間ほどライントラブルに悩まされ、結局心も折れておりました


【本日の釣果】

メバル:2匹
カサゴ(アラカブ):7匹
クジメ:1匹
タカバ:1匹
関連記事

Tag:メバリング 釣り 小潮

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。