スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラテオ100ML・Qのインプレッション

 09, 2014 22:57
突然ですが、ワタクシの2014年釣りたいお魚No.1を発表いたします。




ズバリ!




ヒラメです。


ヒラメと言えばサーフ。

って事で、サーフからのヒラメ(&シーバス)を狙うべく、長めのロッドを購入してみました。





ラテオ 100ML・Qです。



Q」ですよ「Q」、エヴァンゲリヲンっぽくてカッコよくないっすか?
エヴァ風に言うと、サーフ汎用決戦兵器ってところでしょうか。

調子に乗ってこんなの作ってみたり。。。

20140410.jpg

それはさて置き、ネットで調べたり人に聞いてみたりして、対抗のディアルーナ1006Mと迷ったんですが、ちょっぴりお安いのと、1本のロッドでルアーシーバス・フラットフィッシュ以外にもイロイロな釣りを楽しみたいというのがありましたので、ルアーウェイトが広めのラテオ100ML・Qに決めました。



スペックはこんな感じです。

●標準全長:3.05m
●継数:2本
●仕舞:157cm
●自重:152g
●先径:1.6mm
●元径:13.9mm
●適合ルアー:7~40g
●適合ラインナイロン:8~16lb
●適合ラインPE:0.6~1.5号

ネジレに強いXトルクを搭載しアンサンドマイクロピッチを施した上位機種に匹敵する軽量・高感度ブランクに、糸絡みを軽減するハイフレームKL-Hガイドを搭載。

うーん、いかにもワタクシのヘタッピな腕を存分に補ってくれそうなドラマチックなコピーです。

4000番のリールを付けたとき、リールシートからロッドエンドまでがだいたい34cmくらいです。
手に持った感じは、レギュラーファーストテーパーくらいでしょうか、今使っている安いロッド(ナチュラム製)と比較すると多少ビヨンビヨンなります。
ただ穂先はシッカリしているように感じます。
ルアーウェイトが7〜40gなので、粘りがある作りなのかな?と解釈しておりますが、この辺は実釣で確認ですね。

先ほども書きましたが、貧乏性で面倒くさがりワタクシは、アジのサビキにもキスのちょい投げなんかにもこのロッドを使用を考えております。
賛否両論あるとは思いますが。。。

10ftという長さとルアーウェイトが40gってのは魅力的で、スペック上10号までの天秤なら降り抜けOKなところも嬉しいですね。

2014年、春〜秋のファミリーフィッシングは、これといつものメバリングタックルの2本柱で挑みます!
(もう1/3ほど終わってますがw)
関連記事

Tag:釣り インプレッション

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。